設立の背景

1

全日本少年剣道錬成会館は、昭和60年(西暦1985年)、約2000団体の道場主と約100万人の少年少女剣士の浄財をもとに、当時の日本船舶振興会(現在の日本財団)の補助金や全日本剣道連盟の協力を得て設立されました。 現在は、財団法人全日本剣道上場連盟主催の各種講習会や加盟団体の合宿・錬成、少年少女・婦人・一般対象の剣道教室として剣道の発展に寄与し、また、広く一般にも利用されています。

理念
剣道の理念:剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である。
剣道修練の心構え:剣道を正しく真剣に学び、心身を錬磨して、旺盛なる気力を養い、剣道の特性を通じて、礼節をとうとび、信義を重んじ、誠を尽くして常に自己の修養に努め、以って、国家社会を愛して、広く人類の平和繁栄に寄与せんとするものである。
(財団法人全日本剣道連盟’全剣連のしおり’より抜粋。)
指導陣
太田忠徳 :範士八段
豊村東盛 :範士八段
古谷崇子 :教士七段
安井健二 :教士七段
都田一吉 :錬士七段
その他
錬成会館は、以下並びにその他多種催し物に積極的に参加しております。周年記念大会
日野市春季秋季大会
西東京剣道連盟の大会
東京都道場連盟の大会
全日本剣道道場連盟の大会他
道場連盟主催剣道指導者講習会
道場連盟主催居合道講習会
道場連盟主催全国選抜少年少女合宿
道場連盟会員・非会員の合宿
一般開放